読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を貯めたいチー子の節約生活!

3歳と2歳の娘を持つ専業主婦です。下の娘が幼稚園に上がるまで専業主婦で頑張ります。

クリスマスは手作りで!簡単ローストビーフ

年に一度の一大イベント「クリスマス」が終わってしまいました。今はいつクリスマスツリーをしまおうかと悩むチー子です。

さて独身の頃のクリスマスと言えばどんなおいしいものを食べに行こうか、どんなプレゼントをもらおうかとそればっかりでしたが、結婚して子供が生まれたらいかに子供に喜んでもらえるかが一番重要となりました。

我が家の娘達はまだ小さいのもあり、サンタさんにほしいものをお願いするといったことはありません。サンタさんに何をお願いする?って聞いても特に返事はなし。一番喜ぶのはやっぱりお菓子かなと思って今年もお菓子をあげることにしました。

母の手作りお菓子バック

去年のお菓子は大きい袋にお菓子をたくさん入れてプレゼントしました。しかし今年は何か作りたいなと考えていて、お菓子バックを作ることにしました。

私がテレビで見たのは大量のお菓子でカバンをやリュックを作っていたのですが、それちょっと子供達には多すぎるなと思い、段ボールで作ることにしました。

ちょっと雑な性格のチー子なので、サイズも図らず、カッターでざっくりカットして作りました。

完成品がこちらです。

f:id:ctooomooo:20161228020739j:plain

 

そして中はこんな感じ。

f:id:ctooomooo:20161228020756j:plain

ガムテープで張り付けてるので見栄えはちょっと悪いですが、我ながらなかなかなの作品ではないでしょうか?(笑)

ちなみにカバンの紐は100均のイージーシーラーという食べかけのお菓子の袋を密着させる機械を使いました。テレビなどで外国の方が感動した100均の商品と特集されているのを見たことがあり期待していたのですが、思ったより使いにくくて残念。でも100円だと思うと感動しちゃうかも(笑)

これを使ってコアラのマーチを1つずつ梱包しました。

子供達めちゃめちゃ喜んでくれたので良かったですが、コアラのマーチを食べてしまったらカバンが使えなくなっちゃうとクレームが来ました(笑)

簡単ローストビーフ

いつか手作りでローストビーフが作ってみたいと思っていたのですが、なかなかチャレンジする機会がなく、ついにクリスマスに作ってみることにしました。

旦那様に何度かチャレンジしたいなと言ったら「ローストビーフなんて買って食べるものだよ。お肉がもったいな」と全否定。確かに節約一家としてはお肉代もままならないのが正直なところ。でもクリスマスですもの豪華にいきたいですよね。

 

冷蔵庫から出しておいた牛もものブロックに塩とあらびき黒コショウを多めに擦りこんで、フライパンで表面をこんがり焼きます。そして焼いた肉をラップで3重巻きにしてさらにジプロックに入れて、沸騰した鍋に入れて3分ほど煮ます。肉汁がこぼれださないように心配な人はジプロックをもう1枚使ってもいいと思います。

3分ほど煮たら火を消して、鍋の蓋をして20分ほど置き、20分経ったらお湯から出して完成!

でも冷めるまではジプロックやラップからは出さないで、肉汁がまた肉にしみこむのを待つようにしましょう。

たいしたとはしていないですがこれでローストビーフの完成です。

うちの旦那様はローストビーフを作るなんて肉の無駄!なんて言っていましたが、チー子が作ったローストビーフを買ってきたローストビーフと間違えるほど!

f:id:ctooomooo:20161228020817j:plain

旦那様作盛り付け~。

あとは買っておいた骨付きチキンを焼きました。クリスマスと言ったらやっぱりこれですよね。我が家のヘルシオさんで並べてピッとスタートボタンを押すと完成!見栄えも焼き加減も上出来~♪

f:id:ctooomooo:20161228020829j:plain

実はヘルシオでお肉を焼いたら皮がカピカピになってしまったことがあって、あんまり使ってなかったんですが、フライパンで3本一気には焼けなくてズボラチー子としてはそれに耐えかねヘルシオで焼いたんです。

でも我が家のヘルシオは購入してすでに6年目。今年初めてヘルシオのすばらしさを知りましたよ。余分な脂は網の下に落ちるのにお肉はめちゃくちゃジューシーに出来ました。これからはもっと使っていきます(笑)

チー子なりに頑張ったクリスマス。来年も簡単にお安く素敵なクリスマスにしたいです。